一体型サービスの光コラボがおすすめ

2015年もそろそろ終わりが近いですが、今年は光回線にとっては新たな1年となりました。それは2月に光コラボという回線プロバイダ一体型サービスが本格的にスタートしたためです。

今までも一部電力系の光回線で一体型サービスはありましたが、フレッツ光で始まったことに大きな意味があります。フレッツ光の弱点であった他と比べて料金が高いことやセット割の選択肢が少ないことを克服できるようになりました。

まず、第一に料金が安いところで3000円台で使えるようになりました。エキサイト光はサポートなどを省く代わりにその分浮いたコストを月額料金に還元してくれます。ネットまわりで不安が無い人にはおすすめの光コラボと言えます。

次にセット割ですが、ドコモやソフトバンクのみならず、なんとauも対象になっている光コラボも出てきました。まだ対応会社は少ないですが、ソネットやニフティが対応しています。

ここまで光コラボの良いところばかり書きましたが、光コラボも万能ではなく、電話番号に関わる問題があったりします。今の自分のネット回線状況をしっかり把握して光コラボにすべきかどうかをじっくり検討する必要があります。

自分の使い方に合った光コラボが知りたい人は一括比較サイトがおすすめです。条件を入力していくだけどベストなものがきっと見つかります。おすすめはこちらの光コラボ比較.comです。

NURO光の主な特長とは

ここ最近では、NURO光というサービスが徐々に広まってきています。主に一戸建てでよく使われている光回線ですが、その一番の特徴は回線の早さです。

光回線は、早いというイメージが強い方が多いです。確かにその通りなのですが、NURO光はその中でも最も早いタイプになります。

というのも他の会社の光回線の場合は、回線の速度が1ギガ程度になっている事が多いのです。ところがNURO光の場合は、2ギガを記録しています。

人によっては、できるだけ早い回線が望ましいと思っている事もあります。中にはインターネットで、大容量のデータの送受信を行う方も見られるでしょう。大容量のデータを取り扱う時に、回線の速度があまり早くないと、ストレスを覚えてしまう可能性があります。また作業効率などが落ちてしまう事もあるのです。

しかしNURO光の場合は回線速度も早いので、それだけ少ないストレスでインターネットを使う事ができる訳です。ですので速さを求めている方には、メリットが大きな回線と言えます。

またNURO光には、料金に関する特長もあります。というのもこの回線の場合は、状況によっては4,000円台で使う事ができるからです。

他の光回線の場合は、そうとは限りません。6,000円台ほどかかってしまう回線も見られるのですが、それで2,000円近くの節約ができる事もあります。少ない料金で回線の速度が早ければ、それに越した事は無いでしょう。つまりそれが、NURO光の大きな魅力の1つです。

ドコモ光の主なメリット

光回線の中には、特定の携帯会社を利用していると料金がお得なタイプがあります。その1つがドコモ光です。

ドコモと言えば、フレッツ光のグループ会社が提供している携帯でしょう。その会社の機種をお持ちの方々も多いですが、既にそれを契約している方にとってはドコモ光はおすすめです。なぜなら料金がリーズナブルになっているからです。

ドコモ光の利用料金は、プラス1,000円前後になります。プラスというのは、現在の携帯料金に加算したものを指します。例えば既にドコモの携帯を使っていて、毎月の基本料金が5,000円だとしましょう。その場合はドコモ光の利用料金は、わずか1,000円になります。つまり携帯料金と光ファイバーの料金を合算しても、6,000円になる訳です。

それだけ格安な光回線は、なかなか見かけません。ドコモ光の大きな特徴の1つと言えるでしょう。既にフレッツを契約していても、ドコモをお持ちならば乗り換える方が良いと考えられます。

それとドコモ光には、サポートの充実度にも特徴があるのです。この会社の場合は、インターネットを有効活用したサポートのシステムがあります。サポート会社の担当の方がパソコンで画面操作をしてくれて、それが問い合わせ者の画面にも反映されるシステムがあるのです。それでトラブルなどが解消する確率は、極めて高いです。

インターネットを使っていると、いつトラブルが発生するか分からない一面もあります。万が一の時でもトラブルが発生する確率が高いのは、メリットとして大きいでしょう。

auひかり回線のメリット

現在インターネットの回線は光回線が主流になってきて通信速度もかなり速くて快適にインターネットが利用出来ます。光回線のなかで最も人気がある回線がKDDIが提供するインターネットサービスのauひかりです。なぜauひかりが最も人気があるのか疑問に思うかもしてませんが、人気があるのはそれなりのメリットがあるからなのです。

auひかりが人気となっている主な理由は回線スピードがすごく速いからです。同じ光回線のフレッツ光と比べても桁違いに速いです。回線スピードが速いとインターネットを利用する時もイライラする事なく快適に利用出来ます。動画を視聴する時も途中で止まらないし、サイトを開くのにも全然時間がかかりません。そういった点が人気が集中する要因なっているのでしょう。

auひかりは費用が一定なのも大きな特徴です。フレッツ光の場合は住んでいる地域によって費用が異なってきます。そのため地域によっては費用が相場より高くなってしまうケースも出てきます。これでは利用者も不満が続出してしまいます。auひかりの場合は加入してから費用が一定なので経済的に安心感が出るので支払いもしやすいのです。

携帯電話会社がauの人のも大きなメリットがあります。携帯電話会社はauの人auひかりに加入するとauスマートバリューの特典があるので携帯電話の月額料金が割引されます。特にスマトフォンの料金設定は高めなので割引してくれると経済的に助かります。

フレッツ光を利用した企業ネットワークについて

光回線は、個人のインターネット利用の他にも、法人でも活用されております。法人の利用用途としては、インターネット接続利用の他に、拠点間ネットワークの接続にも利用されます。

企業では、本社の他の出先拠点でシステム利用を行う場合、通常は本社やデータセンターなどのサーバーにあるシステムを、ネットワークを介して利用します。このネットワークに、光回線が利用されます。

法人向けのネットワークサービスは、様々な選択肢があります。手頃の価格なものから、信頼性やスピードを重視した高価格のものまで幅広いサービスがあります。そのなかでも、比較的安価に利用できるサービスとして、NTTのフレッツ光を利用した、フレッツVPNワイドというサービスがあります。

フレッツ光は、家庭用サービスとして馴染みのあるサービスでありますが、これを利用して企業の事業者間ネットワーク環境を構築するというものであります。このサービスを利用すると、家庭で利用するものと同じ料金のフレッツ光に、1拠点あたり数千円を追加するだけで事業所間ネットワークが構築ができるため、非常にリーズナブルです。

また、外部からアクセスが出来ない閉域網として構築されているため、セキュリティ面でも安心して利用をすることができます。ただし、フレッツ光は品質を保証されている回線ではないため、インターネット網の利用が混んでいる時には、遅くなったり、接続が出来なかったりと品質低下の恐れもあります。

そのため、フレッツVPNワイドは、企業の基幹となる業務よりも、切れても直接の業務に影響が少ない、情報系システムなどに利用されることが多いです。

フレッツ光が持つ魅力について

光回線は光ファイバーを使用したブロードバンド回線を指します。ADSLやISDNなどの回線を使う場合よりも、ノイズが起こりにくいのが特徴で、最近では光回線が主流になってきています。光回線は最大で100Mbpsというスピードを誇っています。

光回線の中でもシェア率が高いのはNTTのフレッツ光です。フレッツ光のシェア率は70%で、西日本においてはナンバーワンの契約数となっています。

フレッツ光がどうして選ばれているのかというと、基本料金が安いことももちろんのことですが、代理店によって様々な特典が用意されているということも大きな理由の一つです。

特典の内容によってはかなりお得にフレッツ光の契約を行えるため、低コストでインターネットを始められる可能性が高いのです。

またフレッツ光の契約を結べるプロバイダは十社以上も存在しており、プロバイダごとに様々な特典やキャンペーンがあるので、よりお得にインターネットを始めることもできます。

自分の要望や目的に合った契約プランを選ぶことが、最もお得です。

さらにフレッツ光を利用すると固定電話の料金が安くなるという嬉しい特典が付いています。固定電話を利用している方は、フレッツ光と契約すると様々な面においてメリットがあります。

通信速度が速いのもフレッツ光が持つ魅力の一つであり、人気が高いのも分かるというものです。私自身もフレッツ光を利用しており、いろいろな恩恵を受けています。なので利用して良かったなと思っています。