月別アーカイブ: 2015年11月

フレッツ光を利用した企業ネットワークについて

光回線は、個人のインターネット利用の他にも、法人でも活用されております。法人の利用用途としては、インターネット接続利用の他に、拠点間ネットワークの接続にも利用されます。

企業では、本社の他の出先拠点でシステム利用を行う場合、通常は本社やデータセンターなどのサーバーにあるシステムを、ネットワークを介して利用します。このネットワークに、光回線が利用されます。

法人向けのネットワークサービスは、様々な選択肢があります。手頃の価格なものから、信頼性やスピードを重視した高価格のものまで幅広いサービスがあります。そのなかでも、比較的安価に利用できるサービスとして、NTTのフレッツ光を利用した、フレッツVPNワイドというサービスがあります。

フレッツ光は、家庭用サービスとして馴染みのあるサービスでありますが、これを利用して企業の事業者間ネットワーク環境を構築するというものであります。このサービスを利用すると、家庭で利用するものと同じ料金のフレッツ光に、1拠点あたり数千円を追加するだけで事業所間ネットワークが構築ができるため、非常にリーズナブルです。

また、外部からアクセスが出来ない閉域網として構築されているため、セキュリティ面でも安心して利用をすることができます。ただし、フレッツ光は品質を保証されている回線ではないため、インターネット網の利用が混んでいる時には、遅くなったり、接続が出来なかったりと品質低下の恐れもあります。

そのため、フレッツVPNワイドは、企業の基幹となる業務よりも、切れても直接の業務に影響が少ない、情報系システムなどに利用されることが多いです。

フレッツ光が持つ魅力について

光回線は光ファイバーを使用したブロードバンド回線を指します。ADSLやISDNなどの回線を使う場合よりも、ノイズが起こりにくいのが特徴で、最近では光回線が主流になってきています。光回線は最大で100Mbpsというスピードを誇っています。

光回線の中でもシェア率が高いのはNTTのフレッツ光です。フレッツ光のシェア率は70%で、西日本においてはナンバーワンの契約数となっています。

フレッツ光がどうして選ばれているのかというと、基本料金が安いことももちろんのことですが、代理店によって様々な特典が用意されているということも大きな理由の一つです。

特典の内容によってはかなりお得にフレッツ光の契約を行えるため、低コストでインターネットを始められる可能性が高いのです。

またフレッツ光の契約を結べるプロバイダは十社以上も存在しており、プロバイダごとに様々な特典やキャンペーンがあるので、よりお得にインターネットを始めることもできます。

自分の要望や目的に合った契約プランを選ぶことが、最もお得です。

さらにフレッツ光を利用すると固定電話の料金が安くなるという嬉しい特典が付いています。固定電話を利用している方は、フレッツ光と契約すると様々な面においてメリットがあります。

通信速度が速いのもフレッツ光が持つ魅力の一つであり、人気が高いのも分かるというものです。私自身もフレッツ光を利用しており、いろいろな恩恵を受けています。なので利用して良かったなと思っています。